伝記もののおすすめ作品

■ものべの -happy end- 2013年作品 【おすすめ度:4.3】
2012年に発売された「ものべの」をハッピーエンドで終われるようにしたリメイク作品。 主人公の「沢井透」と、妹の「夏葉」がかつて暮らしていた「ものべの村」に6年ぶりに帰省して、 そこでの暮らしや「夏葉」に起こった問題が描かれています。 ものべの村は都会はおろか、他の人里からさえ隔絶された場所で、 そこには妖怪もいて、妖怪たちとも普通に仲良く暮らしている・・・

■聖エステラ学院の七人の魔女 2013年作品 【おすすめ度:3.3】
魔女が現れると噂の「聖エステラ学院」で巻き起こる、学園伝奇アドベンチャーゲーム。 孤児院で育った主人公は季節の変わり目に、 外界から隔離されぎみの全寮制の名門校「聖エステラ学院」に転入することに。 転入してルームメイトと二人で寮生活を送っていくのだが、 不思議なことにルームメイトと同じ夢を見る日が続き・・・

■黄昏のシンセミア 2010年作品 【おすすめ度:4】
「誰かを残して往く気持ちというのは、一体どういうものなのだろう」がコンセプト。 子供の頃住んでいた田舎に久しぶりに帰郷した主人公が、そこで昔馴染みたちと再会し暮らしていく中で、 山の中で熊のような化け物と出会い、そこからその村で言い伝えられている謎をついて探求していく伝奇物作品。 フローチャート方式を採用しており・・・

■明日の君と逢うために 2007年作品 【おすすめ度:3.9】
子供の頃、御風島という島に住んでいた主人公が、何年かぶりに島に帰ることに。そこでかつての友人や、新たに仲間たちを知り合っていくのだが、 主人公はある目的があって島に帰ってきました。主人公が確かめたかったことはなんなのか。「神隠し」をテーマとしている学園純愛モノ作品です。 「神隠し」がテーマということで、伝奇物要素も多少ある作品です。でも・・・

ジャンルカテゴリ