VenusBlood -GAIA-

 

 

■どんな作品■

「VenusBlood」シリーズの第7作目で、 拠点を防衛するタイプのタワーディフェンス系のシミュレーションゲーム。

 

主人公の「テオフラッド」は、魔導都市エネルゲイアの大公として、 新エネルギー「エーテル」による世界の救済を提唱するのだが、 それを邪法とし、滅ぼそうとする聖竜帝国グランレイドと激しく敵対していきます。

ゲームの世界観はファンタジーで、キャラは人間や魔族やエルフなどさまざな種族が登場します。 主人公も人間ではなく魔族となっています。

 

ゲームの進行は、アドベンチャーパートと、シミュレーションパートに分かれており、 シナリオ進行やHシーンはアドベンチャーパートで行われ、戦闘はシミュレーションパートになります。

エロの方の実用度も高く、触手などゲテモノシーンが多いです。 また、萌えゲーアワード2013 ゲームデザイン賞 金賞受賞作品です。

 

 

 

■シミュレーション要素について■

シミュレーションシステムは、攻めてくる敵から「エーテルコア」を守る、 ディフェンス型の戦略シミュレーションゲームです。

敵が攻めてくるので、ユニットを配置したりトラップを仕掛けたりして敵の「エーテルコア」への侵入を防ぎます。

 

「エーテルコア」を破壊されるか、決められたターンまでに敵を倒せないとゲームオーバー。 戦闘は最大18体のユニットまで参加できるレギオンバトルです。

ユニットを増やすには、シミュレーションパートで特定のヒロインを孕ませ産卵させて、 卵から新たなユニットが誕生します。

 

体験版でシミュレーションパートが3ステージ遊べるので、気になる方は体験版をやってみましょう。

「VenusBloodシリーズ」の中では、「VenusBlood -ABYSS-」に似ているゲーム制となっています。

 

 

 

■おすすめポイント■

おすすめポイントは、やはりシミュレーションパートです。 私は触手とかゲテモノ系は苦手なのでこのシリーズの作品やろうとは思いませんが、 前に体験版プレイした「VenusBlood -HYPNO-」に続き、 シミュレーションゲームとしてよくできていると思います。

「VenusBlood -HYPNO-」とシミュレーションシステムは違いましたが、 戦闘やユニットの編成などは似ており、シリーズとして楽しめる要素もありながら、 新しい要素もあるという感じがしました。

「VenusBlood -GAIA-」の方が先なので本当はこっちからやるべきでしたね。 そして次は「VenusBlood-FRONTIER-」やろうと思っているので、どんどんさかのぼっていくことになりそうです。

 

ゲームの難易度を選ぶこともでき、イージーにすれば勝利スキップをすることができるので、 シナリオだけで楽しめたりできたり、難易度を上げることで、より難しくやり込める要素もあります。

また、趣味が合えば実用度も結構期待できる作品だと思います。

 

個人的には、このシリーズ触手ゲーじゃなければもっと人気出ていたのではないかと思います。 まあゲテモノ好きのコアなファンは減りますが、そういうのが苦手な方は手が出しにくく少々ハードルが高いです。

シミュレーションゲームとして普通に面白いんだからなんかもったいない気がします。 とは言え今更作風なんて変えられないですよね。残念です。まあ私には縁がなかったということかな。

 

 

 

■Hシーンに関して■

Hシーンは、全部で80シーンほどです。 触手、異種姦、ボテ腹、産卵、調教などの要素があり、主に陵辱系のHシーンです。

ヒロインは15人と多めです。

 

 

 

■ダウンロードできるところ■

DMM.com
Gyutto
DiGiket
DLsite

 

 

※ダウンロードサイトでは、体験版のダウンロードや、サンプル画像やレビューなども見ることができます。(リンクは商品紹介ページにリンクしています)

・体験版は3つ入っているので、普通に遊ぶ場合はその3というので遊んでください。 その1はアドベンチャーパートのみでおまけでHシーンが5つ入っています。

その2はシミュレーション用です。その3ではゲーム序盤が遊べ2、3時間ぐらい遊べます。 私の場合は、シミュレーションパート理解するのに何度もやってて5時間ぐらい遊んでましたけどね。

↓デモOPがモザイクだらけでちょっと面白い。特に最後の方。

 

■新品中古在庫・価格検索■

VenusBlood | PCソフト | 通販ショップの駿河屋