泣きゲーのおすすめ作品

■あけいろ怪奇譚 2016年作品 【おすすめ度:4.4】
なないろリンカネーションの続編の学園で起こる七不思議を解決していく作品。 主人公が通う学園では、四人の女生徒が立て続けに自殺したという事件が起きたが、 学園ではそれが七不思議のひとつ、「旧校舎の幽霊」に呪い殺されたと噂が流れる。 しかもそれは主人公にとって他人事ではなく、四人の女生徒が自殺してから、奇妙な夢にうなされるようになることに。 そんな主人公の前に・・・

■僕はキミだけを見つめる -I gaze at only you- 2015年作品 【おすすめ度:4.1】
最強と呼ばれた少年グループのリーダーが謎の歌姫のボディガードになるアドベンチャー作品。 2006年に同人ソフトとして発売された「僕はキミだけを見つめる 〜I gaze at only you〜」にリメイクになります。 歌舞伎町で最強と呼ばれた少年グループ、「サーベルタイガー」のリーダーだった「佐原拓実」は・・・

■サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- 2015年作品 【おすすめ度:4.8】
2004年に発売される予定でしたが、10年越しにプロジェクトが再始動し発売された、 美術をテーマとした青春学園恋愛アドベンチャー作品。 世界的な美術家「草薙健一郎」を父に持つ主人公は、父が亡くなり天涯孤独の身となってしまう。 そんな中、主人公が通う学園の担任である「夏目藍」と交流が深かった事から・・・

■ぼくの一人戦争 2015年作品 【おすすめ度:4】
主人公とひとりの少女と仲間たちとの人間関係が描かれているヒューマンドラマ作品。 主人公は義足の青年で、結婚を約束をした彼女がおり、彼女と仲間たちがいる学園で学園生活を送っていたが、 ある日「会」を呼ばれる不思議な世界に呼び込まれる。 「会」では、敵が襲ってくるので、主人公と仲間たちは戦うことに。 「会」とは一体なんなのか。「会」への真実に迫りながら・・・

■時計仕掛けのレイライン 2015年作品 【おすすめ度:4.4】
2012年から2015年までに3部作として発売されたファンタジーミステリーアドベンチャー作品。 主人公は大きな時計台がある全寮制学園に新入生としてやってきたが、 登校初日にトラブルに巻き込まれ、学園の高価そうな像を壊してしまう。 その代償として特殊事案調査分室に配属されることになり、 特殊事案調査分室の仕事として学園で起こるあらゆる魔術的な問題を解決して行くことに・・・

■あの晴れわたる空より高く 2014年作品 【おすすめ度:4.5】
仲間たちと力を合わせてロケットを飛ばす青春部活もの。 主人公は廃部寸前の弱小ロケット部「ビャッコ」に入部して、強豪ロケット部「ARC」と対立しながら、 仲間たちを力を合わせてロケットを作って、飛ばしていく作品です。 「ビャッコ」の存続や、大会で優勝を目指すために仲間との葛藤や恋愛・・・

■なないろリンカネーション 2014年作品 【おすすめ度:4.2】
シルキーズプラスの処女作で、霊能力や死生観をテーマとした笑って泣けるホームコメディアドベンチャーゲーム。 主人公「加賀見 真」の家は「鬼を従え、町に彷徨う霊魂を現世から解き放ち、常世へと送ること」というお役目があり、 祖父がなくなったことで、真にそのお役目が回ってくることに。 祖父の家には、座敷わらしの少女と・・・

■魔女こいにっき 2014年作品 【おすすめ度:3.8】
ひとりの少女が不思議な日記を拾ったことから物語が展開していくファンタジー恋愛作品。 バラ色町の商店街にある、古い理容室で1人暮らす少女「南乃ありす」は、 とある日に学園はずれの森にある時計塔で不思議な日記を拾う。 その日記にはある少年の日々がつづられていましたのだが、 読んでいるうちにどんどんその少年のことが気になっていく・・・

■ハピメア 2013年作品 【おすすめ度:4.2】
夢を夢と分かることができる「明晰夢」を見てしまう世界観で物語が展開していく、 甘くて幸せな悪い夢のお話が描かれているファンタジーアドベンチャー作品。 主人公は夢を夢と分かることができる「明晰夢」を見てしまうようになり悩まされていたが、 夢の中で夢の中を渡り歩いているという「有栖(アリス)」というひとりの少女との出会いをきっかけに・・・

■月に寄りそう乙女の作法 2012年作品 【おすすめ度:4.2】
日本の財界を代表する「華麗なる一族」大蔵家の末端に、望まれぬ子として生まれた主人公「大蔵遊星」が、 一度は崩れ去った夢「デザイナー」になることを諦めきれず、 主人公の憧れるデザイナー「ジャン・ポール・スタンレー」が、 日本に服飾の学校を開校するということでその学園に行きたかったがその学園は女子校だった。 そのため、妹の知り合いの「桜小路ルナ」のメイドになれば・・・

■穢翼のユースティア 2011年作品 【おすすめ度:4.9】
いまいち公式サイトなどを見ても、ダーク系のファンタジーものかなという感じで、どんな作品か分かりづらいこの「穢翼のユースティア」ですが、 ネタバレしない程度に説明すると、「ノーヴァス・アイテル」という空に浮かんでいる世界が舞台で、そこには、上層、下層、牢獄という3つの生活区域に分かれており、 その名の通り、それぞれの生活レベルも・・・

■WHITE ALBUM2 2011年作品 【おすすめ度:5】
前期クラス委員長で優等生の主人公「北原春希」と、 ミス峰城大付属二年連続の学園のアイドル「小木曽雪菜」と、 窓際でいつも居眠りしている不良少女「冬馬かずさ」による、三角関係がテーマの本格恋愛アドベンチャーゲーム。 優等生、学園のアイドル、落ちこぼれの不良少女となかなかよくありそうなキャラ設定の作品ながら、 一筋縄ではいかない王道ではない・・・

■黄昏のシンセミア 2010年作品 【おすすめ度:4】
「誰かを残して往く気持ちというのは、一体どういうものなのだろう」がコンセプト。 子供の頃住んでいた田舎に久しぶりに帰郷した主人公が、そこで昔馴染みたちと再会し暮らしていく中で、 山の中で熊のような化け物と出会い、そこからその村で言い伝えられている謎をついて探求していく伝奇物作品。 フローチャート方式を採用しており・・・

■君の名残は静かに揺れて 2010年作品 【おすすめ度:4.1】
「Flyable Heart」のヒロインの一人「白鷺茉百合」にスポットを当てたスピンオフ作品。 「Flyable Heart」本編ではあまり語られることのなかった、過去や家柄のことが丁寧に描かれているIFストーリーです。 続編ではないので、一応「君の名残は静かに揺れて」だけでもプレイ可能な内容ではありますが、一応続編的な要素もあるので、 「Flyable Heart」をプレイして・・・

■G線上の魔王 2008年作品 【おすすめ度:4.9】
勇者と魔王の命をかけた戦いを描いた純愛ストーリー作品。 クラシック音楽が好きな主人公は、学園に通いながら養父のビジネスを手伝い、その頭の良さから有名企業のブレインとしての裏の顔を持っていた。 そんな日々を送る中、ある日転校生がやってきて、その少女は自分は勇者だという。主人公はおかしな奴が転校してきたという感じで・・・

■明日の君と逢うために 2007年作品 【おすすめ度:3.9】
子供の頃、御風島という島に住んでいた主人公が、何年かぶりに島に帰ることに。そこでかつての友人や、新たに仲間たちを知り合っていくのだが、 主人公はある目的があって島に帰ってきました。主人公が確かめたかったことはなんなのか。「神隠し」をテーマとしている学園純愛モノ作品です。 「神隠し」がテーマということで、伝奇物要素も多少ある作品です。でも・・・

■車輪の国、向日葵の少女 2005年作品 【おすすめ度:4.6】
罪を犯すと義務を負わされる「車輪の国」が舞台の作品。 主人公は義務を負った罪人を構成する職業「特別高等人」になるため、最終試験としてとある田舎町を訪れることに。 そこで、「1日が12時間しかない」「大人になれない」「恋愛できない」などの義務を負った少女と出会い、 義務を負った少女たちを監督し、更正させていくことに。 主人公は、無事3人の少女を構成させることが・・・

■マブラヴ+マブラヴオルタネイティブ 2003年・2006年作品 【おすすめ度:4.3】
地球の存続をかけた異星人との戦いを描いたあいとゆうきのおとぎばなし。 「マブラヴ」「マブラヴオルタネイティブ」で一つの作品なので、同じページで紹介しています。おすすめ度は合わせたものです。 まず、「マブラヴ」ですが、マブラヴには「エクストラ編」と「アンリミテッド編」が収録されており・・・

ジャンルカテゴリ